悩みがなく成功した人はいない



いらっしゃいませ!♪ご訪問ありがとうございます!♪



  もしよろしければ応援よろしくお願いします。

  人気blogランキングへ

   

  生きていれば、


  悩みは必ずあるでしょう。


  ですから、悩みがあるということ自体は


  そんなに問題ではないと思うのです。


  大切なのはそれをどう処理するかです。


  悩みがないというのは何もしていないだけなのです。


  「悩みがなくていいね」というのは


  「何も考えなくてのんきだね」


  というのとある意味同じ意味なのです。


  それから、悩みがあると人に相談したりしますよね。


  そうすると人から、アドバイスをもらえたり、


  自分の弱いところをみせることによって、


  そこに友情が生まれたりすることもあります。


  悩んだことからそういう思わぬいい方向に


  話が展開していくのもいいですし、  


  困ったときに力になってくれる人が


  自分の周りにいることのありがたさを


  再確認できるという利点もあります。


  「悩みはすべて自分ひとりで何とか解決できます」


  という人は本当にまれです。


  自分が悩んだときに誰かに何かしてもらったひとは、


  今度は他の人が困っているときに力に


  なってあげられるようになりたいものです。

 


  いつも応援ありがとうございます!

  もしよろしければ応援よろしくお願いします。

  人気blogランキングへ

  応援していただけると、飛び上がって喜びます(笑)


  初心者でも月収30万円稼ぐ究極ブログアフィリエイト攻略法のTOP


ありがとうございました。


またお越しくださいませ!♪

「困難」は「可能」と同じ意味である



いらっしゃいませ!♪ご訪問ありがとうございます!♪



  もしよろしければ応援よろしくお願いします。

  人気blogランキングへ

  

  「可能」と「不可能」


  世の中にふたつしか存在しないと考えてみたとき、


  あらゆる事をこの二つのうちどちらかにいれて、


  区別しなければならないとしたら、


  あなたは、「困難」をどちらに入れますか。


  「可能」のほうにいれませんか。


  だって、不可能じゃないんですから、


  もう可能しか残っていませんよね。


  出来るか出来ないかで言えば、


  出来るのほうにはいるわけですから、


  あなたがアフィリエイトがうまくいっていなかったり、


  困難な状況にあったとしても、


  それはまだ不可能ではないのです。


  困難というものを、

  
  例えば、真っ黒に焦がしてしまった鍋だと思ってみましょう。


  「こんなことになってしまって、もうだめだ」


  と思うかもしれませんが


  でも、そこで終わりではないのです。


  もしほかに使える鍋がなかったとしたら、


  それを何とか使うしかありませんよね。


  しかし、底に穴が開いてしまって


  もう使えなくなった鍋は「不可能」ですね。


  そして、真っ黒にこげた鍋は「困難」です


  そのうわべの困難に騙されず、


  その中に包まれた、可能性を見極めること。


  困難に出会っても、


  それはいつも可能とセットだと思えば、


  もう慌てることはありません。

 
 

  いつも応援ありがとうございます!

  もしよろしければ応援よろしくお願いします。

  人気blogランキングへ

  応援していただけると、飛び上がって喜びます(笑)


  初心者でも月収30万円稼ぐ究極ブログアフィリエイト攻略法のTOP


ありがとうございました。


またお越しくださいませ!♪

悪い癖はゴミ箱へ捨ててください



いらっしゃいませ!♪ご訪問ありがとうございます!♪



  もしよろしければ応援よろしくお願いします。

  人気blogランキングへ

  

  ブログを訪問していますと、


  すぐに諦めてしまっている人がなかにはいるようです。


  そういう人たちは、私から見れば、


  別にちっとも、だめではないのに、


  あまりにも簡単に「もうだめだ」と


  思う癖を持ってるかもしれません。


  ということは、こういう悪い癖を持っている人が


  いくらだめだと思ったとしても、


  それは「実はまだ大丈夫なのに」と思うのです。


  本当にだめなときは「だめだ」なんていう


  気持ちすら入り込こめない状況になっているはず。


  しかし、成功しているアフィリエイターは  


  そんなことを言っている場合じゃないので、


  もう次のこと、ここからどうしようということに頭がいくのです。


  たとえば、パンを焼いていて、


  大失敗して黒焦げになったらどうしますか。


  だめも何も、その真っ黒焦げになったパンは


  もう売り物にはならないので、


  ゴミ箱に捨てて、早くも、


  もう一度小麦粉を練ってやり直すというふうに、


  次の行動にいっているはずです。


  それに、「だめだ」という言葉が出てくるということは、


  まだ挽回の余地があるということですし、


  それなのに、


  あなたがそれを勝手に諦めているだけなのです。

  
  そんな悪い癖こそゴミ箱へ捨ててしまって、


  簡単に「だめだ」と思わないことです。


  勝手に「だめだ」と思って勝手にやめると言うことを改めない限り、


  いつまでたっても同じことの繰り返しです。


 

  いつも応援ありがとうございます!

  もしよろしければ応援よろしくお願いします。

  人気blogランキングへ

  応援していただけると、飛び上がって喜びます(笑)


  初心者でも月収30万円稼ぐ究極ブログアフィリエイト攻略法のTOP


ありがとうございました。


またお越しくださいませ!♪

頭と体のバランス



いらっしゃいませ!♪ご訪問ありがとうございます!♪


  
  もしよろしければ応援よろしくお願いします。

  人気blogランキングへ
 
 

  自分なりにいろいろと勉強したり、


  分析したり、プランを練って、


  「いざ」やってみても、


  なかなか最初に考えていた通りにはいかないものです。


  そんな人はもしかして、


  頭の中で解決しようとして、


  失敗しているのではないでしょうか。


  かといって、


  逆に「とにかくやってみよう」と


  やたら燃えて突っ走りすぎる人も、うまくいかないものです。


  頭と体、「考える」と「行動する」とは


  バランスのとり方が大事だと思います。


  頭と体と、いろいろバランスをとって、


  うまくいくように調節する。


  車を運転する人はよくお分かりだと思いますが、


  運転するときは、近くばかり見ていると走行が不安定になり、


  事故を起こしやすいものです。


  ですから、ある程度遠くを、


  先を見ながら運転しなければいけません。


  学校で体育の時間にやった平均台の歩き方を思い出しても、


  同じことが言えるかも知れません。


  自分の足元ばかり見ながら歩くと、


  けっこう怖いものです。


  これも先のほう、向こう端を見ながら歩くくらいでないと、


  まっすぐきれいに歩けないのです。
  

  こういう切り替えができるように、


  自分の中の頭と体のバランスはいつも点検して、


  仕事やアフィリエイトに望みたいものです。




  いつも応援ありがとうございます!

  もしよろしければ応援よろしくお願いします。

  人気blogランキングへ

  応援していただけると、飛び上がって喜びます(笑)


  初心者でも月収30万円稼ぐ究極ブログアフィリエイト攻略法のTOP


ありがとうございました。


またお越しくださいませ!♪

「できない」と思うのは単なる錯覚



いらっしゃいませ!♪ご訪問ありがとうございます!♪


  
  もしよろしければ応援よろしくお願いします。

  人気blogランキングへ 



  謙虚からなのか、何かを始める前に、


  まずできるかどうかを考え、


  次に「できないんじゃないか」と考えることが良くありがちです。


  どう考えてもできそうなことでも、


  とりあえず「できるかどうかわかりませんが、やってみます。」と、


  遠慮した言い方をするのは、


  日本人にありがちな謙虚な姿勢


  というものなのでしょうか。


  でも、自分のところにやってくるものというのは、


  たいていはできるんだと思うのです。


  できそうなものしかこないのです。

  
  たとえば、あなたに「1000円貸して」といわれることはあっても


  「1億円貸して」といわれたことはないでしょう。


  あきらかにできないこと、というものは、


  めったにやってこないのです。


  だから、何かやるべきことが目の前にあって、


  それを見てあなたが「できない」と思うのは、


  実はあなたが勝手にそう思っているだけで、


  いわゆる「気のせい」というやつなのです。


  これは、「できないと思ったことでも、できると思えばできる」


  というような、乱暴な思い込みとはまた違います。


  だって、本当はできるはずのことをあなたが


  「できない」と勘違いしているのですから。


  「できない」と思っているときに「できるよ」といわれても、


  それですぐにできるような気にならないのが普通ですが、


  「できないと思っているのは、それ錯覚だよ」と


  いわれたらどうでしょうか。


  できないと思っているのが錯覚なら、


  じゃあ本当はできるんだ、


  というような気がしてきませんか。


  だって、本当はできるはずなのですから。


  こういうちょっとした錯覚にだまされていることって、


  けっこうあると思いませんか?




  いつも応援ありがとうございます!

  もしよろしければ応援よろしくお願いします。

  人気blogランキングへ

  応援していただけると、飛び上がって喜びます(笑)


  初心者でも月収30万円稼ぐ究極ブログアフィリエイト攻略法のTOP


ありがとうございました。


またお越しくださいませ!♪

悩んだときはとことん悩んでみる



いらっしゃいませ!こんばんわ!♪


  
  もしよろしければ応援よろしくお願いします。

  人気blogランキングへ


 
  お店の経営を続けていると、


  必ず壁にぶち当たることがあります。


  必死で仕事をしながら何げなく一瞬、ふと考え込みます。


  「このままでいいだろうか。」


  そこそこ順調に売り上げを伸ばしてきたけれど、


  私は決して満足していなくて・・。


  でも、なにをしたらいいのか。


  自分が何をしたらいいのか、よく分からない。


  30代前にそういうジレンマになりました。


  20代のころはやることすべてが新鮮。


  全くのゼロから始める仕事がほとんどですから、


  仕事に取り組んでいる過程で、


  自分自身の成長を実感することもできます。


  できなかったことができるようになる、


  その喜びを一番感じられる年代ともいえるでしょう。


  しかし、いつまでもそういうわけにはいきません。


  ある程度のことが何の苦労もなくできるようになったところで、


  「これからどうしよう?」


  と考えます。


  現状に不満が、あるわけではないけれど、


  「このままではダメだ」


  と思い、でも悩みが漠然として何をしたらいいのかわからない。


  そういう状況に陥ります。


  こういう悩みは、向上心のある人しか持つことはできません。


  「この程度でいいや。満足だ」


  と思う人は悩むことすらないでしょう。


  しかし、悩むときこそがチャンスだと思うのです。


  この種の壁にぶち当たったときは、


  とことんもがいて悩んでみるのが1番です。


  「そんなのアドバイスじゃないよ。突き放しているだけだ」


  と感じてる人もいるかもしれませんが、


  本来自分の頭で考えて、


  自力で乗り越えていくものだと思います。


  特に前向きな向上心につながる悩みなら、


  悩むことそのものが重要だと思います。


  人から具体的なアドバイスをもらうのは、


  自分の中で悩みが具体的になってからでいいですよね。


  結局のところ、悩んで悩んで悩みぬいて、


  自分の頭で考えるのが一番です。


  必ず答えは見つかると思います。

 

  いつも応援ありがとうございます!

  もしよろしければ応援よろしくお願いします。

  人気blogランキングへ

  応援していただけると、飛び上がって喜びます(笑)


  初心者でも月収30万円稼ぐ究極ブログアフィリエイト攻略法のTOP


ありがとうございました。


またお越しくださいませ!♪

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。