ホスピタリィサービス



いらっしゃいませ!♪ご訪問ありがとうございます!♪


  
   もしよろしければ応援よろしくお願いします。

  人気blogランキングへ 



  ホスピタリティサービスについて、


  私が今まで学んできたことをまとめてました。
    

  接客業やサービス業、またはスタッフを指導されている方などは


  ぜひ参考にしてみてください。



  1、笑顔と挨拶がタイミング良く自然にできること


  2、お客様をお待たせしないこと


  3、明るく、その場に合った丁寧な言葉遣いであること


  4、お客様から言われる前に、お客様がのぞんでいることができること

  
  5、お客様の名前や顔などを覚えておくこと

  
  6、その場に合わせた会話ができること


  7、周囲の人に気を配れること


  8、電話対応が正しく、感じ良くできること


  9、お迎え、お見送りが感じ良くできること


 10、常にキビキビとした快活でスマートな動きであること


 11、言われたことなど、物忘れしないこと


 12、清潔感があること


 13、間違いやミスなどがあった時、心から素直に謝罪できること


 14、お客様の動きに注意し、必要なときにはすぐ対応できること


 15、必要なことは事前に言うが、必要な時にフォローできること


 16、お客様に恥をかかせず、常にたてることができること
 
 

  いつも応援ありがとうございます!

  もしよろしければ応援よろしくお願いします。

  人気blogランキングへ

  応援していただけると、飛び上がって喜びます(笑)


  初心者でも月収30万円稼ぐ究極ブログアフィリエイト攻略法のTOP


ありがとうございました。


またお越しくださいませ!♪

ホスピタリティとは



いらっしゃいませ!こんばんわ!♪




  もしよろしければ応援よろしくお願いします。

  人気blogランキングへ



  ホスピタリティには、

  
  思いやり、心遣い、親切心、誠実な心、心からのおもてなし、

  
  という意味があります。


  つまり、ホスピタリティとは、物事を心、気持ちで受け止め、

  
  心、気持ちから行動に移すことです。

  
  例えば、お客様をお店でお迎えするときの

  
  「いらっしゃいませ」という言葉1つとっても、


  単なる仕事の習慣としてお客様が来店したから接客用語として


  「いらっしゃいませ」と言っているのか、


  それとも、自らの心から発するお客様への感謝の表現として、


  歓迎の気持ちとして、「ようこそ私どものお店にお越しくださいました。」


  という自然の気持ちから「いらっしゃいませ」


  と言っているかの違いなのです。

  
  友人を迎えることもお客様を迎えることも、


  まったく同じなのです。


  本当はやりたくないけれども、仕事だからしょうがない、


  という気持ちでは、自分も楽しくありません。


  自分が楽しくない会社、お店にお客様は来てくださるでしょうか。


  またそんなところで売っている商品を、


  お客様は喜んで買ってくれるでしょうか。

  
  ホスピタリティのあるところには、お客様との、


  共に働く仲間との心、気持ちの共有が生まれてくるのです。

 
  私はこのホスピタリティという言葉が大好きです。



  いつも応援ありがとうございます!

  もしよろしければ応援よろしくお願いします。

  人気blogランキングへ

  応援していただけると、飛び上がって喜びます(笑)


  初心者でも月収30万円稼ぐ究極ブログアフィリエイト攻略法のTOP


ありがとうございました。


またお越しくださいませ!♪

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。